ヴィトックスαの危険な飲み合わせ、亜鉛サプリと併用すると亜鉛過剰摂取になる

おすすめペニス増大サプリメント
ヴィトックスαの危険な飲み合わせについてです
亜鉛サプリ併用して飲むと
亜鉛の過剰摂取になり、様々な副作用に悩まされます
(>_<)

 
 

ヴィトックスα安全
継続して飲み続けられるように
ヴィトックスαを飲んでいる間は
他の亜鉛サプリと併用するのは避けましょう

ヴィトックスαの危険な飲み合わせ

 
副作用
 

ヴィトックスαには、元々高品質の亜鉛が成分として配合してあります
これが、精力増強やる気をみなぎらせてくれる効果を発揮するのですが
他に市販されている、亜鉛サプリヴィトックスαを飲み合わせてしまうと
亜鉛の副作用の症状が現れることになります
(>_<)

 
 
こちら、亜鉛のとりすぎ(亜鉛の過剰摂取)による症状の一覧です
・めまい
・頭痛
・吐き気
・貧血
・コレステロール値の異常

 
 
また、亜鉛の取りすぎの軽い症状
口の中に血や鉄の味がする」というものがあります
この症状が現れたら、亜鉛サプリorヴィトックスαの服用を中止してください
※翌日には治ると思います
m(_ _)m

 



 

ヴィトックスαを飲んでいる間は
亜鉛サプリを飲まなくても、十分精力増強効果
現れると思いますので、ヴィトックスαだけで十分です
正しい用法・容量を守って
安全に長期間お飲みください
( -`ω-)b

 

ヴィトックスαは1日どれくらいの量を飲めば良いの?

 

 

1日3粒以内が目安量とされているヴィトックスαですが
1箱に30粒しか入っていないため、毎日3粒ずつ飲み続けていると10日で飲み切ります
(そのため、ヴィトックスα激安割引になるまとめ買いするのがおすすめの購入方法です)
m(_ _)m

 
 
また、ヴィトックスαの有効成分であるシトルリンアルギニン
一度にたくさん摂取しても身体が吸収できる量には限りがあります
もちろん、実際にたくさん飲んでしまうと先に紹介した亜鉛の過剰摂取の症状が起こるため
ヴィトックスαの摂取量は多くても1日3粒以内に抑えてください

 
 

参考・・アルギニンの1日の摂取許容量について
1日の最低摂取量(最低値) 4000mg(4g)
1日の最大摂取量(最大値) 9000mg(9g)
※アルギニン摂取量の上限は成人で9g程度までであれば問題ないとされています

 
 
ヴィトックスαの公式情報によると、ヴィトックス1日3粒までが目安とされているため
3粒で1日のアルギニンの最大摂取量超えてしまうということが予想されます
ヴィトックスα成分含有量については企業秘密ですので明らかになっておりません)
m(_ _)m

 
 

それに、アルギニンシトルリンは普通の食品にも少なからず入っていますので
実際のところはヴィトックスα2粒くらい飲めば
食事から摂取できるアルギニンシトルリン足しあわせ
ペニス増大効果が期待できる程の十分な量の有効成分を摂取することができるかと思われます
以上のことより、ヴィトックスαは1日2粒を飲むのがコスパがもっとも良く、効果的な飲み方となります
( ‘-^ )b

 
※ちなみにヴィトックスαを飲むタイミングは「夜~寝る前」がおすすめです
この時間帯にヴィトックスαシトルリンアルギニンを飲めば
それらの成分が日中の活動に使われないため、寝ている時にペニスの成長に使われやすくなります
ヽ(*´∀`)ノ

 

ヴィトックスαの通販購入はこちら

 

ヴィトックスαについてはこちら
 

私のブログでは、ヴィトックスαの公式販売店をご紹介しております
こことは提携しているので、こちらからのヴィトックスαの購入だと
通販最安値の割引格安価格に!加えて
お得になる特典もおまけでついてくるのでお買い得ですよ
こちらで紹介しているヴィトックスα公式販売店からなら、1箱無料でおまけしてくれるキャンペーンをやっています
(人気商品なので売り切れにはご注意ください)
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

  • ヴィトックスα正しい飲み方をしていれば
    安全に、長期間継続して飲み続けられます
    半年後にはアナタも今以上に男らしくなっていますよ

    (*´ヮ`)ノ

 
ヴィトックスαの購入はこちら

ヴィトックスαの特典付き通販購入はこちら

 
 

このブログから購入した場合の特典
単品注文も通販最安値!まとめ買いで最大49%割引
今ならヴィトックスαが1箱無料でプレゼント!
家族にバレないように、無地のダンボールで伝票名も空欄でお届けします!営業所止めも可能
塗るタイプのヴィトックス・リキッドを無料プレゼント
送料無料

※キャンペーンの内容は期間によって変わる可能性がありますので
紹介している公式販売店をチェックしてみてください
 
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ